どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

ご挨拶

崩れ床に落ちたファンデが流れ星みたいで

 

自分が女だったことを思い出した

 

 

 

 

いつからか虫を素手で触れなくなってしまった

 

「可愛い」が「気持ち悪い」に変わった

 

僕の思い出には靄がかかって

 

鮮やかさがなくなっていった

 

 

 

洗剤で一瞬

 

腹をこちらに向けて死んだあの虫は

 

何を思ったんだろう

 

 

 

姿勢が悪く俯き気味のまま歩く足は

 

僕の意思とは遠いところで動いてても

 

靴底が削れているのか

 

慎重に歩かないとこけそうなぐらい

 

僕はしっかりと地につけて歩いた

 

 

 

伸びた前髪を揺らして それ越しに見る景色は割と好きだ

 

あと世界が滅亡するか

 

自分が死ぬかぐらいしたら

 

この世の全てを好きになれそう

 

文字通り全てを。

 

 

 

 

ただ今は嫌い

全部死ねばいいのに