どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

昨日怪我したところがじりじり痛む

 

バイト先で皿洗い中にやったところ

勢い余って自分で自分をやったところ

右手の親指でちょうど関節のところ

関節で曲がるからちょうど傷が痛むところ

 

夜の11時にバイトが終わって歩いて家に帰って

それから風呂に入って寝た

 

風呂で水と石鹸がしみて痛かった

止まっていた血がまた滲んだ

 

 

 朝起きて傷口をみると表面が乾いていた

体液が乾いたんかな

表面がつやつやでキラキラだった

 

明るくなってようやく気付いたけど、

よく見たら色んなところを怪我していた

 

怪我とも呼ばないような表面の皮だけ切ったのもいくつかあった

 

いつやったのか覚えがない

 

 

知らない間に傷をつけて

知らない間に治っていくんだろうな

 

 

 

見えない傷も知らない間に治ってくれればいいのに

 

 

未だに自分でやった傷が痛む

じりじり痛む

 

 

見えない傷もじりじり痛む。