どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

「僕には嫌いな人がいる」

僕はその人が本当は好きで大好きで好きで好きでしょうがない

 

 

 

 

でもその人はきっと僕のこと、嫌い。

 

 

 

 

 

だから見栄を張って僕もあの人のこと、嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

本当はもっと近づきたい

お友達になりたい

もっと話を聞きたいし

もっと話を聞いて欲しい

 

 

 

 

でもきっと

 

いや、絶対

 

 

無理

 

なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

時々思う

あの子達の輪に入りたいって

 

 

 

無理なんだけどね

 

 

 

 

 

 

 

ハブられる子は

 

ハブられるなりの理由がある。

 

 

 

 

 

あの人は僕のこと 嫌いで

僕もあの人のこと 嫌い

 

 

 

 

 

 

そう思うようにしてる

 

 

自分が傷つかないように

 

 

そう思うようにしてる。

 

 

 

 

 

遠くで錆びたブランコが軋むような音がする

 

 

僕には嫌いな人がいる