どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

はやく終われ

世界が破滅して

 

人類が滅亡しても

 

守りたいものが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

キラキラして

 

宝石みたいな

 

君の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極論、君の顔から目を抉り取って

誰にも何にも見つからないように

腐らないように冷凍して

深い地中に埋めるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

守りたいのは君じゃなくて

 

君の“目”。

夏のせい

「×××だったよ」

 

その子のそれはすぐに“嘘”だって分かった

 

 

 

 

 

 

目が泳いで 呼吸が早くなったのが自分でも分かる

 

 

その子の嘘を私は「嘘だ」と言って否定はしなかった

 

 

分厚い紙が1枚顔にへばりついている感覚

 

 

 

 

 

 

 

「たった一回の小さな嘘に気づいてしまっただけで、私たちの友情は壊れたりしない

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

友情?

 

 

 

 

 

 

友達ってなんだっけ、、、?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念。

第二関節

真っ赤な血が

心臓の鼓動に合わせて

流れ出る

 

 

油断しただけ

 

注意が足りなかった

 

 

 

柔らかいティッシュが重く赤く湿る

 

 

 

床に滴る

 

広がる

 

 

 

 

絆創膏を貼ってもらう

 

絆創膏を丁寧に気を使いながら扱う手に私の血がついた

 

それを見て私の鼓動が少し早くなった気がした

 

 

 

 

 

 

濡れる。

 

 

 

 

 

アツイ

バレエ

ご飯を食べる約束をした

 

3週間後、一緒にご飯を食べる

 

 

 

 

同じ皿に盛られたご飯を隣で食べ、

 

「美味しい」と共有するのが

 

とっても幸せなことなんだと

 

初めて知る

 

 

まだ食べていないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

学校に行けば会える

 

クラスが違うから毎日は会わないけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに夏休みに入ってしまったお陰で

 

 

 

 

 

 

 

 

今日久しぶりに会った

 

どんな顔すれば良いか分からなかった

 

分からないけど向こうもどんな顔をすれば良いのか分からないような顔をしていた

 

 

 

気がする

 

 

 

 

 

 

 

「君と一緒にご飯を食べに行くことしか、この夏の楽しみがないよ」

 

と言われた時はもっとどんな顔をすれば良いか分からなかった

 

 

 

 

 

“僕だってそうだよ”

 

そう言えば良かったと後悔しています

 

 

 

 

 

 

 

 

3週間後

 

 

ココロ、オドル。

フラスコ

ベッドの上に立って

 

思い切り背を伸ばして天井を触ってみる

 

ひんやりしてる

 

ただそれだけ

 

なんの意味もない

 

 

真っ暗な部屋で

 

カーテンを少しだけ開けて

 

隙間から外の明かりを見る

 

ただそれだけ

 

なんの意味もない

 

 

 

 

 

 

 

無意識に呼吸して

 

なんとなく生きている

 

ただそれだけ

 

なんの意味もない