どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

くちゃい

自分の力不足で散々だった

 

 

と自分では思っている

 

 

 

それでも来てくれる人がいて

 

初めて会う人でも声をかけてくれる人もいた

 

 

自分の本職がこちらではないから

 

必死や覚悟って言われるものが少ないと自覚があって、

そのせいで怠け癖が出てしまっているのも分かっている

 

 

このままではいけない

と感じているこちら側と

 

「良い」

と言ってくれるあちら側との

 

ズレが気持ち悪く

頭痛をさらにひどくする

 

 

 

 

 

 

 

 

雑音が私の頭痛の鎮静剤

一人暮らしを始めてから

ようやく一年が経とうとしている

 

 

 

 

完全に油断だった

 

 

 

堕落した生活を毎日変わらず送り

 

脳も体もたるんでいた時におこる

 

 

 

私のズボラを燃料にし

 

油断を着火剤にし

 

火事が起ころうとしていた

 

 

 

小さな部屋が煙でいっぱいになるのには

そう時間は要らない

 

 

 

一酸化炭素中毒で死ぬか

 

丸焦げで焼死するか

 

 

 

「自分の身は自分で守る」

 

傾向と対策を練る必要がある

 

明日の朝話をしよう

 

今はまだ早すぎる

 

気がする。

 

 

ミサイル

海をこえて 飛んできた ミサイルで

腕が吹き飛んだって 別に いいんだ

抱きしめる人も いないから 僕のとなりには

身元不明のなきがらが くずれて 腐っている

 

からっぽの 六帖半で ひとりぼっち

小さく 心が壊れる 音がした

 

どこへ行ったって 消せない 終わらない 僕たちの

孤独を 終わらせよう この手で

 

 

垂れ流される 毒で 植物たちが枯れ

息が できなくなったって 別に いいんだ

愛を伝える人も いないから 僕のとなりには

行方知れずの言葉が しずんで 溺れてる

 

薄暗い 六時半に ひとりぼっち

少しだけ サビた鉄棒の 味がした

 

どこへ行ったって 知らない 防げない 僕たちの

世界の 終わりを見よう この目で

 

どこへ行ったって 消せない 終わらない 僕たちの

孤独を 終わらせよう この手で

 

消せない 光を燃やそう この手で

デキモノ

自分のこと嫌い

 

 

って言っている自分が

一番自分に甘いって知ってる。

 

 

 

 

人から裏切られるのが怖くて

 

心を閉ざして

 

“裏切られる前に自分から裏切れ”精神で生きてる僕には

 

友達がいなくて当然だ。

 

 

 

 

いつからこうなってしまったのか

 

 

 

っていうのは自分のことだから

何となく分かる。

 

 

 

徐々に虫に食われて

穴だらけになったそれは

微妙で絶妙なバランスで成り立ってて

1ミリでも触ってしまうと崩れてしまう

 

 

 

でも誰にも触れさせてなくて

 

結局崩してしまうのは自分なのだけれども

 

 

 

 

馬鹿だ

 

馬鹿すぎる

 

 

 

 

後悔しかしてない

 

 

 

でもやめられない

 

 

だから僕は馬鹿だ

浸出

世界のどこかで

 

命が生まれ、

 

 

 

世界のどこかで

 

命が終わる

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、

 

僕はトイレで

 

うんこをしながら

 

鼻血を出した

 

 

 

 

硬いシングルのペーパーで

 

鼻とケツを拭って、

 

今日一日の事を思い出して

 

情けなくて涙を流す

 

 

 

 

 

全部流れてしまえばいいのに

 

うんこも

 

血のついたペーパーも

 

今日の事も

 

私も。

 

 

 

 

 

あ、うんことペーパーは流れるんだった。