読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

しねよ

明日北朝鮮のミサイルが私のところに落ちてくると分かっていても

 

私は何も出来ない

何もしない

 

 

きっと大好きなあの人に気持ちを伝えることすら出来ない

しない

 

 

 

そんな自分が大っ嫌い

 

死ねばいいのに

午前2時

帰り際にプリンを貰ったんだ

 

コンビニのやつで全然高くないやつなんだけど

嬉しかった

 

 

夜中に食べるプリンは

最高

 

それが友達から貰ったプリンなら

なおさらね

そこにいる

布団に入って

目、つぶって

眠りにつくまでの数分

 

 

 

 

毎晩君は会いに来る

 

 

 

 

それがどんなに怖くてもどうしようもない

 

 

 

毎晩

 

 

毎晩毎晩毎晩毎晩

 

 

 

寝る時間がどんどん短くなる

 

 

 

たまに目が覚める

 

 

 

怖いな

きっと今日も来る

 

みかんゼリー その2

みかんゼリーを横や下から見ると

ウサギの脳みそのホルマリン漬けに見えるって話

前にしたんだけど、全部が全部って訳じゃないんだな

 

 

 

 

あとみかんゼリーは口内炎にしみる

温度

好きな人がいて

その人が画面の向こうにいて

その人の声や歌やその人が弾くギターの音を

 

 

聴く

 

 

想像する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったことをコメントするんだけど

きっと向こうとこっちでは

温度が違う

 

 

それが悲しい

 

 

 

 

 

しょせんインターネットで繋ぎとめられた絆

 

 

 

 

細くて脆い

ちぎろうと思えば簡単にちぎれる糸

みたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さみしい

僕たちは蛹

蛹(さなぎ)

昆虫の一部のものが、成虫になる寸前にとる、成虫に似た形で、ほとんど動かない一時期をさす。

(参考文献 Wikipedia

 

 

 

迷って もがいて 悩んで 立ち止まって 後退して

また動き出して また止まって

身動きがとれなくて

 

 

 

それでも良いじゃない

蛹なんだから

 

 

 

幼虫は成虫になるために蛹になる

硬い殻を破って成虫になる

その時は大きく息を吸って空を羽ばたいて行こう

 

 

 

空が大きすぎてクラクラするかもな

雨風が強い時もあるんだろうな

もしかしたら成虫にすらなれないかもしれんな

 

 

 

それでも我慢

 

 

いつか立派な成虫になるために

 

 

 

 

 

僕たちは蛹

 

声を小にして言いたい

正直でいようとは思うけど

人前では言えないことはやっぱしあって

 

 

 

 

 

それがどんなに人には受け入れられないことでもやっぱし言いたい

 

 

 

誰かに言いたい

誰でもいいから聞いてくれ

 

 

 

 

 

 

 

さみしい

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもっと欲を言うのなら

隣に居てくれ