どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

寮の窓口に置いてある「来客帳」を見ました

 

たくさんの人の字がありました

 

生きてました

名前

昔、仲の良かった異性に

 

会話の中で

 

「君のこと、好きだわー」

 

って言われたことがある。

 

「なんだそれ」って笑って流したけど

 

今更になって思うよ

 

「好き」ってどうゆう意味の「好き」なの

 

 

 

 

 

 

 

ねえ、教えてよ

あの時、なんで?

 

って疑問が3年前からぐるぐるしてるんだ

 

 

 

3年間で疑問は膨らんで熱くなって

 

破裂しそう

 

 

 

 

未だに僕は答えを出さずにいます

 

 

 

 

 

 

本当は意味なんてないかもね

 

凄い簡単な答えだったりして

 

 

 

 

考えれば考えるほど分からなくなる

 

 

 

 

 

 

僕が臆病じゃなかったら

 

何か変わってたんだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自信がなかったから 今でもないから

 

絶対言わない

 

 

 

 

 

 

言えない

 

 

 

 

 

 

分からない

誰かと一緒にいても

 

 

満足しない

 

 

 

 

色んなことを考えてしまう

 

悪いところばかり見てしまう

 

 

 

そんなの絶対口にしないし

 

ぎこちない笑顔貼り付けて

 

適当な返事をする

 

 

 

そんな自分が

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

きっと

結局

 

 

 

自分がいちばん好きなんだと思う

 

自分は。

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちが悪い

 

 

人間なんか、やめてしまえ

 

 

 

 

できることなら

そうしたい

違う

高校の頃、みんなが知ってるおしどり夫婦のようなカップルがいたが、

 

 

 

 

ちょっと前に地元に戻った時、そのカップルが別れたことを聞いた。

 

 

 

 

 

彼女からふったそうだ。

 

 

原因は「将来性がないから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちはもうそんな歳。

眩しい

いっぱいいっぱい

 

 

頭ん中が

 

 

ぼーっとして

 

 

 

つらい

痛い

苦しい

 

 

 

 

 

何度も何度も

 

目を逸らした

 

目を瞑った

 

 

 

 

直接見ることが出来なかった

 

上手く伝えられないけど

 

 

私には強すぎて

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

もう

忘れられない

勘違い

今日は良い日だと思ったのに

 

雨が降ってるけど気温もちょうど良いし

 

雨 そんなに好きじゃないけど

 

今日は好きな気がしたのに

 

 

 

 

 

靴擦れ

 

擦り傷

 

カレーの染み

 

裏切り

 

悪口

 

奇声

 

剥がれたマニキュア

 

トドメの一言

 

 

 

 

 

 

ちいさな積み重ねが

 

じわじわ私を腐らせる

 

 

 

協調性なんて本当はない

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい

 

 

 

 

 

 

 

最近ネガティブなことしか書いてない

 

また気持ち悪い

 

 

 

 

靴擦れがまだ痛い

 

 

潰すべきか潰さざるべきか