どうでもいいこと

あなたにとってはどうでもよいこと。

外側

歌っていて

 

どうしようもなく泣けてきた。

 

 

カバーとかオリジナルとか

どうでも良くなるくらい。

 

 

気がつけば暗く深い湿っぽい空気が私の周りを取り囲んで誘っているようだった。

 

嫌ではない

むしろ居場所は自分でもそこだと思う。

 

 

「明日死のう」と呟けば

今、元気が出ることも知った。

 

 

 

 

この世の生き物たち全てを愛している。

どうか私を忘れてください。