どうでもいいこと

あなたにとってはどうでもよいこと。

企み

水だけがはられた大きな水槽を

 

意味なくライトが照らす

 

小さく波打つ水面が光を反射して

 

僕の脳味噌に静電気が走る

 

そこだけ昼間みたいに明るかった

 

いないサカナの事を考えながら帰路に着き

 

誰かの吐瀉物を大きく跨いで華麗に避ける

 

サカナは足元にいた

 

明日は魚を焼こう

 

塩で。