どうでもいいこと

あなたにとってはどうでもよいこと。

毀れる

「何か一つ能力を貰えるとしたら」

 

 

そんな話を何度かした事があるね

 

 

 

 

あの時は思いつかなかったし、

どれもいまいちピンとこなかったけど、

今なら決められる

目的もはっきりと分かる

 

 

 

 

 

 

『きみの記憶からぼくに関するものを全て消したい』

 

 

 

 

大丈夫

 

ぼくときみの関係が消えることはないし

 

楽しかったことも消えることはない

 

紛れもない事実だ

 

それに、ぼくは覚えてるし

 

 

 

 

 

 

くだらない話をして笑って

 

お互い知らない話をして近くなって

 

分からない話をして考えて

 

あたりまえの話をして今を生きる

 

たったそれだけが愛おしかった

 

きみがどうかは知らないけれど

 

少なくともぼくは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし

違う場所でまた出会った時

ぼくのことを思い出したら

その時はまた仲良くして欲しい

 

 

わがままばかりでごめんよ

 

 

ありがとう

 

おやすみ