どうでもいいこと

あなたにとってはどうでもよいこと。

会いたい人がいた

 

 

から会いに行った

 

 

片道三時間半のバスに乗って。

 

 

 

 

 

 

 

会ったら死にたい気持ちも消えるかと思った

 

世間で言う「愛」で溢れて満たされると思った

 

 

 

 

 

 

 

そんなことなかった

 

 

 

 

 

私のことを愛してくれて

心配してくれる

 

 

 

 

私も愛してる

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

隣で寝ていても

 

手足は冷たくて

 

ひとりぼっちだった

 

真っ暗なのが幸いだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会いたいから会いに行った

 

 

 

 

 

 

 

最後だと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りも始発で三時間半

 

 

車窓から見えたススキの海が

朝日で白銀に光りながら波打っていた

 

 

 

 

 

 

 

永遠に愛してる

だから安心して欲しい