どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

肉と皮の間のトュルトュルしたやつ

世界が滅亡すればいい

 

 

 

 

 

 

とたまに思うけど、

 

 

 

 

 

自分が死ねば、世界が滅亡したも同然だ

 

 

 

 

 

 

 

 

ということに気づいてからは

 

気持ちが楽だ。

 

 

 

 

 

 

どうしようもない時は

 

世界を滅亡させよう 

 

そうしよう

 

 

 

 

 

 

明日、朝のことを愛せるかな

 

 

このまま夜を抱いて眠るように世界を滅亡させたい