どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

ひかり

春の匂いがする

ぼくの嫌いな匂いがする

 

ついでに大嫌いなあいつを思い出す

 

いなくなったあいつ

 

もう死んでるかな

生きてるかな

まだ万引きでもしてんのかな

美人もてあましてんのかな

才能無駄にしてんのかな

 

君が教えてくれた音楽は

今更ぼくの胸に思いっきり傷跡残して

やめられないドラッグみたいに

ぼくを蝕んでんだよ

 

そんなこと知らないと思うけど

 

 

不倫、疫病、第一子誕生

 

そんなのどうでもよくて

ぼくは今ここで死にたい

それかみんな死ね

 

べつに優しくないよ

やさしくないよ

やさしくない

 

だからやさしくしないで

割りに合わないからさ

 

 

夜の匂いがする

懐かしい匂いがする

 

ついでに今日のことを思い出す

 

いつもと変わらない

 

もう十分かな

別に良いかな

それでも腹が減っちゃって

ダメだとわかっていながら

午前1時に湯を沸かす

 

君が教えてくれた言葉は

いまでも深くぼくの真実で現実で

かけられた呪いみたいに

ぼくを動かなくする

 

そんなこと知らなくてもいいけど

 

 

嫉妬、不安、独占欲

 

全部心地よくて

全部ぼくのものにしたまま

はやくぼく死ね

 

べつに嬉しくないよ

うれしくないよ

うれしくない

 

だから与えすぎないで

迷惑なんだよね

 

どうせ死ぬのにさ

死ぬのに荷物になるんだよね

邪魔になるんだよね