どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

410

「人見知りだ」

 

 

 

 

 

言ったあの子は、

 

 

 

 

 

私以外の人にはよく喋るし

よく笑う。

 

 

 

 

 

僕たちが出会ったのはいつだっただろうか

僕の知り合いの知り合いは僕の知り合いで、

それを知った時には

「世間は狭い」というよくある言葉が立証されたと感じた瞬間だった。

 

僕の好きだった人の恋人になった君。

性格が悪く、両刀の僕は

好きだった人から君を奪ってやろうと思った。

 

そんな馬鹿な事を考えているうちに

馬鹿な僕は本当に君を好きになってしまった。

本当に僕は馬鹿だと思った。

 

何度か会って話もした(ほとんど一方的に)

頷いたり、小さな返事しかしてくれない君は

僕に「人見知りなのだ」と言った。

 

 

 

 

嘘だ。

 

 

 

 

 

嘘だった

 

大きなステージで喋ったり

初対面の人に気さくに話をしたり

 

 

僕の前で君は君じゃなかった

 

 

 

 

 

 

不安になった

 

君の前で僕は僕をやれているかな