どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

どうでもいいこと

午前0時30分の帰り道は

靴の裏にガムがついたみたいに

僕の足取りを重くする

 

 

耳ふさいだって変な笑い声が耳を突く

 

 

切る理由も伸ばす理由もない

中途半端の長さの髪の毛を

無理やり結んだお陰で

後ろの方がよく見える

 

 

 

甘い薬を吐きそうになった

 

無理やり喉の奥に押し込んだ

 

涙目になりながら

 

 

 

生きるために飲む薬は

甘くて苦くて吐きそうになるのに

涙目になるのに

 

それでも飲む

 

 

死にたいのに

 

死にたいのに飲む

 

 

 

耳をふさいだって耳元で囁く声が聞こえる