どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

空腹

あれも欲しい

これも欲しい と

 

いっぱいいっぱい手に取ろうとしたおかげで

こぼれ落ちた夢たちは

私の足場を悪くしました

 

 

前にも後ろにも動けなくなった私は

下に沈むしか無くなって

気がつけば辺りは真っ暗でした

 

 

耳をすませば聞こえてくるのは

愚痴や嫉妬や妬みばかり

それと現実を突きつける電車の走る音でした

 

時間通りに聞こえるそれは

まるで自分のようでした

 

 

 

汚いこの手で触れようとすると

綺麗なものまで汚してしまうので

いつも遠くで見ています

 

 

しかしそれすらも許されないようで

私は私の目を潰しました

 

 

 

たった一人の味方の私は

私を嫌いになったので

私は世界でひとりぼっち

 

もうそんな世界に期待するのはやめました

 

 

期待をしなくなったら

涙も出なくなって

朝起きたら目が腫れている

なんてこともなくなりました