どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

しわ

電気を消して寝床について

 

真っ暗な中スマホの明かりだけが眩しい

 

 

 

 

 

毎日毎日同じことをして

 

身体と脳みそが腐っていくのが自分でも分かるよ

 

 

 

空っぽの頭じゃ何にも言葉なんて出てこない

 

人の胸に届くような

そんな歌が作れたら

 

 

 

 

 

 

 

たまに

 

 

耳鳴りがして目の前が赤くなる

 

ずぶずぶと地中に埋まる感覚がする

 

上半身と下半身が離れている気がする

 

視界の隅で大きな人が笑っている

 

耳元で悪口を囁かれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞼が重くなって

 

目を閉じて

 

 

 

 

 

 

そのまま永遠に眠ってしまえたらいいのに

 

 

不謹慎かもしれないけれど

 

 

はやく死にたい。