どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

はやく終われ

世界が破滅して

 

人類が滅亡しても

 

守りたいものが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

キラキラして

 

宝石みたいな

 

君の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極論、君の顔から目を抉り取って

誰にも何にも見つからないように

腐らないように冷凍して

深い地中に埋めるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

守りたいのは君じゃなくて

 

君の“目”。