どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

夏のせい

「×××だったよ」

 

その子のそれはすぐに“嘘”だって分かった

 

 

 

 

 

 

目が泳いで 呼吸が早くなったのが自分でも分かる

 

 

その子の嘘を私は「嘘だ」と言って否定はしなかった

 

 

分厚い紙が1枚顔にへばりついている感覚

 

 

 

 

 

 

 

「たった一回の小さな嘘に気づいてしまっただけで、私たちの友情は壊れたりしない

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

友情?

 

 

 

 

 

 

友達ってなんだっけ、、、?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念。