どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

第二関節

真っ赤な血が

心臓の鼓動に合わせて

流れ出る

 

 

油断しただけ

 

注意が足りなかった

 

 

 

柔らかいティッシュが重く赤く湿る

 

 

 

床に滴る

 

広がる

 

 

 

 

絆創膏を貼ってもらう

 

絆創膏を丁寧に気を使いながら扱う手に私の血がついた

 

それを見て私の鼓動が少し早くなった気がした

 

 

 

 

 

 

濡れる。

 

 

 

 

 

アツイ