どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

小学生の時の話

 

 

 

雨がやっと上がった朝

 

 

 

確か、曇り空で薄暗く所々に水たまりがまだあって

 

 

また降り出すかもしれないと思って

好きでもないキャラクターがプリントされた傘をもって外に出た

 

 

 

兄と 近所に住む兄の友達と一緒に学校に行く途中

 

 

 

 

 

 

会話に夢中で気づかなかったの

 

 

 

そこにカタツムリがいたこと

 

 

 

遅かった

 

 

 

足に伝わる軽い感触と共に聞こえる

 

「クシャ」

 

という音

 

 

 

 

 

私だけだった

 

そこにカタツムリがいたことも

そのカタツムリを私が踏んだことも

 

知っているのは

 

 

 

 

 

潰れたカタツムリはなんとなく緑っぽかった気がする

 

 

 

 

 

何も言わずに

その場を離れた

 

 

笑いあって会話も続けて

 

あの時あの場所で私がカタツムリを踏んだことを知っているのは

 

私だけ

 

 

 

 

 

 

台風が過ぎようとしている

 

静かに雨が降る

 

今、頭の中に何度も響く

 

何度も何度も何度も

 

 

 

 

いまさら

 

 

 

 

 

 

クシャ