どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

ふと感じた違和感はいつまでたっても頭の中から消えず、視界の隅にいる虫のように 静かに私を威圧する

 

 

 

小さな後悔はどんどん大きく膨れ上がって

きっと押しつぶされてしまうんだろう

 

 

それでも私にはどうしようもない

どうにか出来る勇気も根性もない

ただの出来損ない

 

 

こんなに苦しむんだったら、違和感に気付かなければ良かったとさえ思ってしまう

 

 

情けない

 

 

 

 

 

 

 

学校からの帰り道

信号がない道を選んで入った小道の脇には、

黄色いショベルカーとたくさんの瓦礫が散らばった土地がある

 

 

つい最近まで気にもとめなかった場所

 

先週辺りから突然 大きな布のようなもので被せられた建物があった場所

 

 

何か建物が建っていたという事は分かるのに、

何が建っていたのかまでは分からない

 

 

 

 

いつかそんな違和感は消えて無くなる

違和感があったことさえ忘れてしまう

 

 

 

 

 

 

私もきっとそんな存在

 

また少し不安と後悔が大きくなったのが分かった

 

 

 

 

 

 

小さな箱の中で カタツムリが潰れるような音が聞こえた