どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

まだ覚えていた思い出の話

地元に帰る高速バスの中で、高校の時のことを思い出した

 

くそ暑い夏なのに友達と海まで行ったこと

 

車の免許も持ってなくて、電車や汽車も通ってないから 移動手段は自転車しかなかった

 

 

坂道のきつい山道を三人で必死に自転車をこいだ

 

周りの木が開けた時、急に太陽の眩しい日差しが照りつけるのと同時に、目の前に大きくて青い海がみえたのを まだ覚えている

 

制服が汗で濡れるのを気にしながら自転車をこいだのを 覚えている

 

 

帰りの下り坂で友達が自転車ごとひっくり返ったのを思い出して、バスの中で笑ってしまった

 

何が可笑しかったって、あの時友達がひっくり返って大変だったのに、痛がる友達の横で大爆笑していた私が可笑しかったのだ

もう一人の友達は心配そうに見ていたが

 

 

 

楽しかった

まだ忘れていない

楽しかったことを思い出せて良かった

いつか忘れそう

きっと忘れてしまった楽しかった思い出は他に沢山ある

まだ覚えておきたい

死ぬまでとは言わないけど

もう少し

 

 

 

 

私以外の二人は今 仲が悪い

もしかしたらこの事を覚えているのは私だけかもしれない

忘れられた思い出は存在しないのと近い気がする

 

 

 

悲しい