どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

髪の毛

美容院に行くのも面倒臭くて 自分で切った髪の毛は、

案の定疎らに伸びて不恰好になってしまった

 

私が好きになる人は、だいたい長い髪の毛が好きで

その話を聞くたびに絶望する

 

髪の毛が短いって時点でもう減点

ましてや、顔が良いわけでもないから

もう到底勝ち目はない

 

 

伸ばしてみようかなって思うけど

 

暑さ と 鬱陶しさ と 似合わなさ とで

結局断念

 

 

 雑貨屋さんに並ぶキラキラした髪ゴムやヘアピンを見ると、少し気になって 必要もないのに値段を見たりする

 

 

 

髪の毛を切った後に、鏡では見えないような後頭部とかに手をやって 短くなったのを確認すると、

 

ああ またやった

 

っていつも思う

 

 

そんなことを繰り返すうちに、どうせ伸ばす勇気も気力もないんだろうなって自覚した

 

 

あの人もきっと長い髪の毛が好きなんだって考えながら、

次いつ髪の毛切ろうか予定を立てて、美容院の電話番号を書き留める

 

 

 

 

 

 

最後に髪の毛が長かったのは7歳の頃

 

 

 

私はひとりで髪の毛も結べない。