どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

嘘をついた

 

 

小さな嘘だ

 

 

そのぐらい大したことない

 

 

と、思っていた

 

 

本当に小さな嘘

 

 

それなのに何時間たってもその嘘が頭に引っかかっている

 

 

 

罪悪感は時間が経つにつれてちょっとずつ大きくなっている

 

 

 

 

あの時、嘘をつかなければ

 

今頃気持ちよく寝ていたんだろう

 

 

小さな嘘は私が目を瞑るとさらに大きくなった

 

 

真っ暗なはずの目の前がチカチカ光った

 

 

首の後ろの方がじとじとする

 

 

 

 

明日も朝早いのにな

 

寝られない