どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

24

することがなくて、なんかそわそわした時

 

ふと色鉛筆のことを思い出した。

 

 

 

アルミの蓋をあける

 

デザインの授業で使われている色鉛筆は

まばらに先が縮んでいた

 

 

一人暮らしを初めて二ヶ月ちょっと

鉛筆削りはこっちに持ってきてなかった

 

カッターで削ることにした

 

(鉛筆削りがあってもきっとカッターでしてたと思うけど)

 

鉛筆を削る時は無心になれて割と好き

丸くなった先が尖っていく様は見ていて気持ちが良い

 

新品で開封した時からまだ一回も削ってない

全部全く同じ削り口がガタガタになる

 

木の匂いも割と好き

 

 

最後の一本が上手に削れて満足してケースにしまおうとした時

 

 

手が滑った

 

 

水色の鉛筆が落ちた

 

拾って気づいた

隠れていた芯を充分すぎるほど出したのに、根元から折れていた

 

 

胸がざわつく

 

 

少し腹が立ったのでそのまましまってやった

 

後々困るのは自分

次の授業で水色の鉛筆が使えないんだろうな

忘れたころに芯を踏んで痛がるんだろうな

 

 

 

 

ま、いいや

おやすみ

広告を非表示にする