どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

サーモンとイクラは親子

自分が思っている以上に乾いてて、水を欲していたことに サヨナラしたはずの君にまた会った時 気がついた 1日で2度迎えたこの感情は 熱せられた鍋の底で静かに沸騰していた 水ではなく 片栗粉でとろみをつけた白だしあんみたいな 大丈夫 10年後にはきっと君…

真っ黒

栞を使わず本を読む どこまで進んだか探りながら ページをめくり、 読んだか読んでいないか分からないところから また読みはじめる 行ったり来たりして 僕の日常との交差点を見つける あの匂いを思い出して吐きそうになる 吐きそうになっていたのに いつしか…

マジで着火する5秒前

「優しいって言うな、むかつく 恋してくれるわけじゃないのに」 すごい言葉だな 自分なりにもがいて戦って 生き抜いてる時に 邪魔すんな その出来事が僕にメリットを与えてくれるようには思えない というか思いたくない そうじゃなきゃ今までの僕を否定する…

下駄にヒョウ柄

正直 正直すぎるひと、馬鹿だな って思っちゃう 自分のくせに 自分のことコントロール出来てないひとも 馬鹿だな って思っちゃう 救えない正直者は その内世界から消される

クソみたいに働いて 死にたいって思う暇もないぐらい生きてる自分がいて ふとした時に怖くなった 何にも特別なことはないから こうなるのは普通なんだろうけど それでも怖くなった 平凡なりに生きていきたいけど そうしたくない気持ちが邪魔して 自分で自分…

あしめ

開けた窓から時折抜ける風が心地よくて このまま死んでしまいたい と、思った 嵐の過ぎる音が波の音みたいに 押し寄せて引いて水の中にのまれる 水に溶けて消える 僕は今、薄暗い海の中層部を漂ってる 夜が鳴る

どうでもいいこと

午前0時30分の帰り道は 靴の裏にガムがついたみたいに 僕の足取りを重くする 耳ふさいだって変な笑い声が耳を突く 切る理由も伸ばす理由もない 中途半端の長さの髪の毛を 無理やり結んだお陰で 後ろの方がよく見える 甘い薬を吐きそうになった 無理やり喉の…

over side easy

簡単なことさ 何もかも 熱したフライパンにそっと割り入れるだけ 油をひき忘れないようにね それなのに僕はさ すぐ割っちゃうんだ そのたびに寝ぐせのついた頭を落とすんだ 君のうしろを追っかけて 君の真似をしてみるけれど ありえないぐらいに不器用すぎて…

2万

ひとりになってるのは自分だ そう言い聞かせないと寂しくて死んでしまいそうで 早く死にたい 私は私に守護呪文をかけてる 代わりはいくらでもいる そう言い聞かせないと殺されちゃうから 死にたいのにまた また

暗闇の中で白く光る私の死体を 華奢な君が抱える 明日はよく眠れるように クッキーの空き箱に詰まった希望を持って 木の枝や葉の隙間から見た君の姿が最後 こっちに向かって走ってた 夏の森の中僕らは息をひそめる 大人にならないようにそっと 口の中の土を…

空腹

あれも欲しい これも欲しい と いっぱいいっぱい手に取ろうとしたおかげで こぼれ落ちた夢たちは 私の足場を悪くしました 前にも後ろにも動けなくなった私は 下に沈むしか無くなって 気がつけば辺りは真っ暗でした 耳をすませば聞こえてくるのは 愚痴や嫉妬…

ぷみぷみ

好きだったあの人も 腹を割って話したあの子も みんな本当は僕のこと嫌い 死んで欲しいと思ってたみたい ふたりで語った帰り道 バカ言い合って笑った時間も 全部全部全部全部 みんな死んじゃえ 自分もしんじゃえ

ひかり

“人間は忘れる生き物だ” と、よく言うが 忘れるスピードが速くて驚く 一昨日食べた晩御飯も 4日前に聞いた偉い人のお話も 美味しかったカレー屋さんの場所も 地元の駅で出会った同級生の名前も 素手で掴んだ虫の感触も 幼馴染と一緒にお風呂に入った記憶も …

0316.3355411

周りのみんなは優しい こんなわたしにも優しい わたしはダメだ よかった試しもないけれど この前は特に 恩を仇で返すとは このことなんだと 分かった ごめんなさい いろんなことに言い訳して いろんなことから逃げて わたしはわたしが大嫌いだ 大嫌いと言っ…

(仮)

いい歌なんて歌えない 胸に響くメロディも出ない 優しい言葉もかけられない 空気なんて読めない読まない お前がどう思おうが知ったこっちゃねえよ 所詮モノマネ歌合戦 そんなの自分が一番分かってる ああ 30分 30分だけ歌を歌わせてよ どうせ誰も聞いちゃい…

157人

自分の思い通りになるのを、諦めて 生きる。 誰かに僕の気持ちを分かってもらうのを、諦めて 生きる。 恋人が出来て一緒に恋人っぽいことをするのを、諦めて 生きる。 なんでも話せる友人を作るのを、諦めて 生きる。 キリキリする胃の痛みを、諦めて 生きる…

半額セール

昨日の晩全然寝られなかったんだ お腹痛くて 目の前がチカチカして 無気力で頭が全然働かなかった やらなきゃいけないことも手につかなくて 毎日なんで生きてるんだろうって 考えても答えの出ない問いを自分に聞いて 「そんなの知らねーよ」 ってもう1人の自…

毎日

浅いプールの底に沈んで 濁ってるけど遠くで声がする ような なんか ふわふわした気分 わかる?

アマンド・ショコラ

週に一回、学校の一角でパン屋さんがパンを売りに来る この前そこで紅茶のパンをひとつ 買ったんだ 1つ100円ほどのそのパンは ふたくち、 もしくわ さんくちで食べられてしまうぐらい 小さなパン 始めて食べる 想像していたよりも美味しくて 誰かにこのこと…

芋虫さん

頭の良くて美人のあの子は 高校を中退した 中学で同じ部活だった 大きな金色のバリトンサックスを吹いていた ところどころに錆びついた楽器 地面が揺れるほどのひび割れた低い音を出して 少し離れた私の内臓を痺れさせた 低い音とは裏腹に高い音で笑うその声…

LM6G

中学の時の担任 Y先生 英語の先生で 女の先生 旦那さんの次に福山雅治が好きで なんだったか忘れたけど、 なんかの部活の顧問をしてた先生 髪の毛は長くて 背は小さめの先生 大嫌いだった先生。 男の生徒にベタベタ触る先生 媚売りの先生 私と同じ八重歯のあ…

規制

どんだけ考えたって答えが出ない問題を考える 答えなんてどうでもいいのかな きっと答えが出てしまったら私は死ぬと思う 故郷に帰るバスの1番後ろの端の席でゆられる 私もそっちに行きたい 帰るよ 自分勝手な人間が嫌い 気持ち考えられない人間が嫌い 嘘つく…

ピノ・ノワール

朝焼け 彼が見る景色はどんなだろう 私が見る空と君が見る空が交わることは あるのかな いつも下手くそな文章でごめんね また手紙送ります。 序章 大きなビルの隙間 沢山の人混みを 不器用に間をぬって 始めての街を歩いた そこである人たちの魂のカケラを見…

しゃるどね

私は私のためにうたうから 聞かなくてもいいし 拍手もいらない。 勝手に自分の話もしないで なんて酷いこといってごめんね 愛してるよ。 上がりきらなかった音程とか ちょっとは許してよ リズムがズレたってきにしないで 大切なのは気持ちでしょう って どれ…

ナチュラル

明日は燃えるごみの日だってことを 今、思い出した。 夜寝られない原因を作ってる 胸のムカつきも、 こまめに燃えるごみと一緒に捨てられないだろうか 暗い路地裏の自動販売機横 黒ずんだ空き缶入れに捨てた 私の夢 知らないフリ 10円ガムの包み紙をポケット…

新規記事

僕には何もない 何もできない 何も 何も 何も。 はやく死にたいな

しわ

電気を消して寝床について 真っ暗な中スマホの明かりだけが眩しい 毎日毎日同じことをして 身体と脳みそが腐っていくのが自分でも分かるよ 空っぽの頭じゃ何にも言葉なんて出てこない 人の胸に届くような そんな歌が作れたら たまに 耳鳴りがして目の前が赤…

イチジク

政治家が税金の無駄使いをするのとか 芸能人の不倫や浮気 離婚とか 別にどうでもいいんだけどさ 影で悪口言い合ってたあいつらが 仲良く海行ったりBBQしたりしてるのを インスタでみると ごめんけど 死ね って思っちゃうよ。 ごめんね ごめんて足の小指ぐら…

タヒチ

どうしようもなく死にたくなって 腹が立ってイライラして 弱く強く首を締められたような息苦しさを感じる この行き場のない気持ちを どこに逃がしてやろうか かわいそうに。 楽にしてやりたい

なんでなん 近くにいたって 満たされない わたしはあなたじゃないよ 私の話はちっとも聞いてないのね あなたはいつも自分ばかり わたしがとなりにいて よかったね。