どうでもいいこと

ただどうでもいいことを爆発させるところ

嘘をついた 小さな嘘だ そのぐらい大したことない と、思っていた 本当に小さな嘘 それなのに何時間たってもその嘘が頭に引っかかっている 罪悪感は時間が経つにつれてちょっとずつ大きくなっている あの時、嘘をつかなければ 今頃気持ちよく寝ていたんだろ…

三ヶ月のしんぼう

人間の細胞は三ヶ月でまるっきり新しいものに変わるらしい。 つまり、元カノが作ってくれた飯を食っていた元カレのみなさん、 三ヶ月もすれば あなたはもう 元カノが知っているあなたではないということです。 泣いても笑っても残念ながら時間は過ぎてしまい…

イライラする

カマキリは交尾の後、雌が雄を食べる。 サメは赤ん坊の時、母親のおなかの中でもう一匹の赤ん坊を食べる。 ホッキョクグマは捕食対象の激減により、子供のホッキョクグマを食べる。 「共食い」は人間世界では許されない行為だが、動物の世界では決して珍しい…

はさみ

この前、同じクラスの友達に昨晩見た夢の話をされた。 一方通行の道を自転車で走行していたら、道端に はさみ が落ちていた という内容だった。 友達は自分が見た夢の話をしながら、自分が見た夢に対して大爆笑をしていた。 もう二度と自分は夢の話を人前で…

2:20

夢の話をする人は嫌いだ 人の夢の話なんか聞いてもつまらない だから夢の話をする人は嫌い なんだよ、大事な笛って 笛ってなんだよ もっとなんかあるだろ

1:56

地球が滅亡する夢を見て目が覚めた 首元に変な寝汗をかいていた 3時間しか寝れていない 明日も一限から授業がある 「早く寝なきゃ」 そう考えれば考えるほど、寝られなくなる 暇つぶしに夢の話でもしよう どうやって地球が滅亡するのかは分からないが 地球が…

往復10分滞在10分

太陽に当たりたくなくて空が暗くなってから買い物に行った 適当に選んで来た服は 適当に選んだ割には良いチョイスだと 自分でも思う 風が気持ちいい 最近はまっている曲をイヤホンでききながら 薄暗くなった街を歩く 家から徒歩5分のスーパー 明日の晩御飯の…

24

することがなくて、なんかそわそわした時 ふと色鉛筆のことを思い出した。 アルミの蓋をあける デザインの授業で使われている色鉛筆は まばらに先が縮んでいた 一人暮らしを初めて二ヶ月ちょっと 鉛筆削りはこっちに持ってきてなかった カッターで削ることに…

距離感

手を伸ばせば届く距離にいるんだけど、 私には近すぎるから 斜め後ろから見つめるぐらいが 丁度いいと思うんです 一歩が大きいから、ちょっと後ろで足早について行くぐらいが丁度いいと思うんです

今日も胃もたれ

相槌打って 空気読んで 褒めて 煽てて 共感して 波風立てずに話を聞く 愚痴も自慢もつまらない身の上話も みんなお喋り 自分の話を聞いて欲しいの だから聞いてあげる 本音は奥歯で噛み締めて そのまま丸呑み 後から胸焼け 吐くにも吐けず とりあえず一晩胃…

魚を捌いた話

今日、魚を捌いた。 鯛という魚 昼からの授業一発目で魚を捌いた 先生の横で鯛を捌いた 新鮮な鯛らしかった みんなは興味津々にスマホをかざして写真なり動画なりを撮っていた 鱗をとって ヒレを切り 頭を胴体から切り離す 頭をとる時、魚の内臓も一緒に引っ…

関係

太陽は今日も横から照らしつけてくる 近いようで遠くて 帽子なんか意味ないね もし今乗っているバスが どこかビルなんかに突っ込んで大爆発を起こしたら、 あの人は私が死んだことを知らずに、これからを生きて行くんだろう それだけの関係 今日は雨が降って…

2回目の夜、次の日の朝

雨女は 悲しい時に雨が降るんじゃないんだ 楽しい時に雨が降るんだってことに 気がついた まだ雨が続いているのは雨女のせい

雨女

ずるい ずるいずるいずるいずるい 言い逃げかよ 私まだ言ってないのに 正しくは言えなかったんだけど 初めてだったんだよ、こんなこと 緊張したんだよ もっと知りたい もっと近づきたい 本当は触ってみたい 出来ないけど。 私が言われたようにすると思う?す…

くちをひらけばぐちをぐちぐち

愚痴をぐちぐち言う 口を開けば愚痴 文句 愚痴 ぐちぐちぐちぐちぐちぐちぐちぐち もっと楽しい話をすればいいのに でないと毎日しんどいよ 愚痴ばっか言ってんなよ っていう愚痴

周り 対 自分

お金って大体の人が使える範囲が決まってて 特に学生とかはバイトしたりしてなかったり 時間もだけど その使える範囲をやりくりして自分の良いようにしたいんだけど 人にはそれぞれ優先順位があって (ここではしなきゃいけないっていう優先順位じゃなくて、…

まだ無題

世界の4分の1が味方だとしても 肝腎なところはズレている 苦くてすっぱいその味は 意外と嫌いじゃないかもな 君のを貰ったって 意味がないんだ 僕と君のは同じようで違う 君への愛は混ざり合わずに 結晶になって こぼれ落ちてしまう 思いがけない事故だって …

201705012040

鼻にツンとくるジンジャーの香りタバコの煙壁一面に貼られたCDやポスター氷とグラスがぶつかる音大人の匂い意識して息をするのが分かる体全体を空気で埋めるぐらい息を吸う空気が震える 響くありとあらゆる穴から入って来るのが分かる胸が熱くて心臓がビクビ…

しねよ

明日北朝鮮のミサイルが私のところに落ちてくると分かっていても 私は何も出来ない 何もしない きっと大好きなあの人に気持ちを伝えることすら出来ない しない そんな自分が大っ嫌い 死ねばいいのに

午前2時

帰り際にプリンを貰ったんだ コンビニのやつで全然高くないやつなんだけど 嬉しかった 夜中に食べるプリンは 最高 それが友達から貰ったプリンなら なおさらね

そこにいる

布団に入って 目、つぶって 眠りにつくまでの数分 毎晩君は会いに来る それがどんなに怖くてもどうしようもない 毎晩 毎晩毎晩毎晩毎晩 寝る時間がどんどん短くなる たまに目が覚める 怖いな きっと今日も来る

みかんゼリー その2

みかんゼリーを横や下から見ると ウサギの脳みそのホルマリン漬けに見えるって話 前にしたんだけど、全部が全部って訳じゃないんだな あとみかんゼリーは口内炎にしみる

温度

好きな人がいて その人が画面の向こうにいて その人の声や歌やその人が弾くギターの音を 聴く 想像する 思ったことをコメントするんだけど きっと向こうとこっちでは 温度が違う それが悲しい しょせんインターネットで繋ぎとめられた絆 細くて脆い ちぎろう…

僕たちは蛹

蛹(さなぎ) 昆虫の一部のものが、成虫になる寸前にとる、成虫に似た形で、ほとんど動かない一時期をさす。 (参考文献 Wikipedia) 迷って もがいて 悩んで 立ち止まって 後退して また動き出して また止まって 身動きがとれなくて それでも良いじゃない …

声を小にして言いたい

正直でいようとは思うけど 人前では言えないことはやっぱしあって それがどんなに人には受け入れられないことでもやっぱし言いたい 誰かに言いたい 誰でもいいから聞いてくれ さみしい そしてもっと欲を言うのなら 隣に居てくれ

考えがまとまらない 言いたいことが言えない 誰か助けてくれ

エロい餃子

夜ご飯に餃子を作ったんだけど、 上手く餃子が包めなくて凄い悔しかったから 将来バイトは餃子屋さんに勤めて、 餃子の包み方をマスターしたいと思います。 本題はそこじゃなくて、上手く包めなあので餃子をじっくり見てみたんだが、 あまりにもじっくり見す…

寒い時はストーブよりもコタツよりも担々麺が効果的なことを知った

休みだからって手抜きしてお昼を120円のパン 一つで済まして、外に出かけた 夕方に帰る頃には案の定お腹が空いていた 家に帰って一番に部屋のストーブをつけ、手を洗いながら何を食べようか考える ふと担々麺味の春雨スープがあることを思い出してお湯を沸か…

みかんゼリー

みかんゼリーってさ横や下から見ると、 小学校の理科室で見たウサギの脳みその ホルマリン漬けみたいに見えるの 知ってた?

無題

やっぱり自分が嫌い

恨みます

不細工なこと 脚が太いこと 歯並びが悪いこと 面倒臭がりなこと 背が低いこと センスが悪いこと 涙もろいこと 声が低いこと なにより、女に生まれて来たこと 恨みます

好きなこと ≒ 向いていないこと

絵を描くことも、文を書くことも、ギターを弾くことも、歌を歌うことも きっと自分には向いていない。 好きなんだけど やりたいと思うんだけど 絶対向いてないって分かる やめたほうがいいと思う しんどいから。 やりたくなってやるんだけど、 すぐうまくい…

dヒッツ 「急な雨」篇 TVCM

こんな時自分なら(傘をもらった女性の方)、 壊れた傘をみて「ふふっ」っておもわず笑ってみたりして 貸してくれた男性に「ありがとう」なんか言っちゃったりして 雨の中に何食わぬ顔をして消える ドラマとかにありがちな新しい出会い みたいなもんを装って…

意味不明

考えすぎなぐらい毎日沢山考えているのに、いざ それを言葉にする時になると 急に出てこなくなる 言葉にするのは難しい 考えていることも、言葉にしなければ それは無いものと同じなのでは? 無いものにはならないかもしれないが、 少なくとも他には気付かれ…

夢、現実、進路、未来、高校三年の自分

「 仕事は“楽しい”ばかりではない 面白くない事の方が多い 子供の頃は「サッカー選手になりたい」 「アイドルになりたい」何て事を言ってきた でも、大人になるにつれて 色んな事が 見えて来るようになったから、 自分に無理な夢は口に出さなくなる 将来の夢…

自分は兄貴が好き

自分は兄貴が好き 「恋愛として」ではない 多分。 友達とご飯を食べに行った そしたら、隣のテーブルに兄貴とその友達が座ってきた。 びっくりした 兄貴は気づいていなかったので、 気づくようにガン見してみた。 案の定気づいた 口を開けて驚いた顔をした後…

「元気?」「うん、まあまあ」

「キモい」と最近良く使う という話は前にした。 「キモい」の次に良く使うのは、きっと 「元気?」だと思う。 誰にでもつい言ってしまう 時には同じ日に同じ人に何度も。 向こうには鬱陶しいと思われているかもしれないな それでも言いたい 「元気?」 「元…

自分、キモい

キモい よくこの言葉を使う なんでもない時 友達と話をしている時 授業中 居眠りをしている時 髪の毛を気にして鏡を見ている時 歯磨きを終えて口をゆすいでいる時 あくびを我慢している時 思ったことを言葉にして声に出す時 なんでもない時 ふと自分を客観視…

マスクの奥

凄いものを見てしまった気がして、動揺した。 何もないフリをしたけど、もしかすると向こうには気づかれているかもしれない。少しだけ顔が引きつったかな 最近あの子はマスクをしている 風邪かな?喉の調子が良くないの? ただのカッコつけ? 別に興味ない。…

ネガティブな話

自分はなんの取り柄もない凡人だ 寧ろそれ以下かもしれない 1日の7割ぐらいはそんな事を考えている きっとネガティブ いやネガティブに見せかけているだけのポジティブかもしれない そうでありたい 楽しい事をしていても辛い事をしていても、やっぱりたどり…